2007年12月17日

住まいと雑貨


家具は、長く使うものだけに、機能的にもデザイン的にも、満足のいくものを選びたいものです。


 家具には、ダイニングのテーブルやイス、リビングのソファ、タンスや書棚、キャビネットなどの収納家具、ベッド等さまざまなものがあり、それらの個々の家具が部屋全体の雰囲気・印象を決めます。


 家具選びのポイントとしては、まず、部屋全体のインテリアコーディネートを考えること。そして決めたコンセプトのもとで、必要なものを買いそろえていきましょう。


 気に入った家具をバラバラに衝動的に買っているばかりでは、統一感のない、雑然とした印象の部屋になってしまいます。


 色のトーン・素材・形状など、何か一つでも、それぞれの家具に共通性を持たせることがポイントです。


 家具専門店のショールームと自宅の部屋とでは、空間の広さや照明等も違いますから、家具のサイズはもちろん、入口のドアの幅、部屋のレイアウト等を考慮したうえで、予算と相談しながら選ぶことをおすすめします。


Belle maison私たちの住まいと雑貨(2007 秋冬号)
商品価格:300円
レビュー平均:0.0

私は通新販売ではセシールとニッセンを利用しているのですが他には何処があります...
私は通新販売ではセシールとニッセンを利用しているのですが他には何処がありますでしょうか?(続きを読む)




住まいと雑貨
d88c9d0f.JPG ベルメゾンの「住まいと雑貨」 これ一人暮らしの雑貨にはちょうどよいですよ。 雑貨もかわいいものもありますし お値段もかわいいものもありますし PCで雑貨を見たり、検索、注文もできますが、 こういうのはカタログのほうが見ていて楽しい ...(続きを読む)




posted by 住まいについて at 03:52 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。