2007年12月13日

岡山 県 住まい


アジア家具は、インドネシア(バリ島)やベトナムを中心とした東南アジア諸国、中国、タイ、インドなどで作られた、リゾートテイストあふれる家具を指します。


 価格も比較的安価で、昨今の癒しブームに乗って、日本でも急速に広まってきました。


 エステやスパのインテリアとしても、最近はよく見かけられます。


 アジア家具の素材としては、バンブー(竹)、ラタン(籐)、マホガニー、チークなどで、ダークブラウン系のトーンが中心です。


 細部まで丁寧に作り込まれた北欧家具などと比べると、アジアン家具は、素材そのままの持ち味がストレートに活かされているのが特長。


 竹や籐は、日本でも古くから用いられている素材ですから、アジア家具は和室にもよく合います。素材のぬくもりや、どことなく漂うリゾート感覚が魅力の一つです。


 高温多湿の熱帯・亜熱帯気候の風土産のため、風通しのよい構造となっており、ラフでくつろげるリラクゼーション空間を演出します。



老人ホームを開業したいのですが、手続きや資金援助などアドバイスお願いします。
老人ホームを開業したいのですが、手続きや資金援助などアドバイスお願いします。母がケアマネージャーの資格を持っていて老人ホーム勤続20年位になります。職員と施設はなんとかなりそうです。(施設は身体障害者用の施設が借りられる見込みがあります。)ショート専用のホームにしたいと思います。(続きを読む)



出番間近、お飾り市 岡山市中央卸売市場
山陽新聞
岡山市中央卸売市場(同市市場)で11日、師走恒例の「お飾り市」が行われた。 同市高島、西大寺地区や岡山県吉備中央町の生産者が手作りした1メートルを超す事業所 ...(続きを読む)





posted by 住まいについて at 18:54 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。